書く“ことの意味・大切さを解説した、今までにない教育プログラム!

「書くって大切なこと」プロジェクト

 

小学校では1年生より鉛筆でひらがなを練習しますが、ここ数年では、タブレットやパソコンが支給され、タイピングも同時に練習するようになりました。

子どもたちの「手書き」の時間が「タイピング」の時間に変わりつつあるなか、あえて手書きをする理由はどこにあるのか――本プログラムはそのような時代・教育的な背景から企画されました。

教育ICT化で一人一台タブレット端末を活用する今だからこそ、改めて子どもたちに教えてあげたい「書く」ことの大切さを解説したプログラムです。

 

     ● 「書くこと」は「タイピング」と比べて何に優れているのかな?

     ●   「手書き」と「タイピング」、それぞれどんな時に便利かな?

     ● 鉛筆・シャープペンシル・ボールペン――どのように使い分けたらいいのだろう?

     ● 「書く」ことと日本の文化について知ろう

 

学校で従来、あまり触れることのなかった「書くことの意味と大切さ」について、これから文字を習う小学1年生から、筆記用具を使いこなす小学校6年生までの児童を対象に伝えていきます

 

 


 

【書くことって大切なことプロジェクトのポイント】

 

◇ 「書く」ことそのものを体系化した初の教材

様々なデバイスを活用しなければならない現代の小学生たちに、忘れてほしくない「手書き」の良さ、そして様々な筆記用具の活用方法を解説した、日本でほぼ初めての教材です。

 

◇ 授業用教材一式を全て「無料」で提供します

教師がすぐに授業できる指導用スライドと、対応したワークシート、教師用指導案をセットで、メールにてお届けいたします。教材は全て無料です。

 

◇ 教育ICT化に対応した、デジタル教材です

デジタル教材をお届けするのと同時に、「書く」ことをテーマとしたワークシートをご用意しています。

 

◇ 1時間授業で取り組みやすい内容です

1時間授業(45分間)で行える内容になっています。余裕を持って進める場合は2時間授業でも可能です。

学期末で時間に余裕がある時など、取り入れやすいボリュームと内容になっています。

 


 

【プロジェクト概要】

① 対象学年

小学校1~6年生

② 対象教科・時数

国語、総合的な学習の時間、学級活動 / 1~2時間授業

③ 対象地域

 全国

④ 対象学校

 全国の国公私立小学校、学童、フリースクール、学習塾、放課後等デイサービスなど(それ以外の団体様もご相談に応じます)

⑤ 教材

 1.教師指導用スライド(パワーポイント)

 2.児童用ワークシート(PDF)

 3.教師指導案(PDF)

 4.実践用教材

【児童用】消せるボールペン「フリクションボールノック」を各1本

【教員用】消せる蛍光ペン「フリクションライ6色セット」

※4.実践用教材は数に限りがございます。先着100クラスとさせていただきます。お早めにご応募ください。

⑥ 授業実践可能時期

 2023年4月~2024年3月

 

本プロジェクトでは、授業実践を希望する小学校・学童・フリースクールなどを募集しております。

事前予約を受け付けておりますので、奮ってお申込みください。

 

お問い合わせ