「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム
「学校ブックオフプロジェクト」

 

小学校3年生~中学生を対象に、「体験的で」「継続的な」学びの機会を提供し、「楽しいリサイクル」を生活の中の「当たり前」にする、SDGs、キャリア教育推進のためのプロジェクトです。無理なくゴミを削減しモノが循環するサスティナブルな社会の在り方を、子どもたちに伝えていきます。

3つのプログラムを用意していますので、学年・テーマごとの授業をお好きなプログラムをお選びいただくことができます。また時間数も学校の事情に合わせて自由に変更が可能です。

 

 

 

1.家にある着なくなったTシャツを使ってマイバックを作ろう
モノの一生を考え、子どもにとって身近なものである着なくなったTシャツをマイバックに生まれ変わらせるプログラムです。モノの寿命を延ばすにはどうすればいいか・・・子どもたちは自分ごと化して考えます。

 

2.家にある読まない本を使って「査定体験」にチャレンジ
子どもたち自身が「家にある読まなくなった本を買い取って値段を付けるとしたら」を考え、自力で査定した金額を、オンラインでブックオフのスタッフに直接プレゼンします。その後、スタッフが「査定方法」と「査定のポイント」をお伝えします。

 

3.家にある読まない本を使って「学校にブックオフを開こう」
査定方法を学んだあとは、学校でブックオフを開店します。
「仕入れ」「広報」「営業」「経理」……、お店を開店するためにはどんな仕事が必要かを子どもたちがグループごとに企画し、オリジナルの「ブックオフの店舗」を学校にて展開します。

 


 

【学校ブックオフのポイント】

 

◇楽しみながら「循環型社会」の在り方を学びます
子どもたちは体験を通し、クラスメイトと楽しみながら、本をリユースすることを覚えていきます。ブックオフではなぜ「値段がつけられない本」も無料で引き取るのかに疑問を持ち、その引き取られた本が100%リサイクルされていることを知って、ブックオフが「循環型社会への過渡期」を支えていることを経験的に学べます。

 

◇双方向授業で活動をフォローアップします
「査定体験」、「学校ブックオフ」体験授業中には、ブックオフ店舗スタッフがアドバイスをいたします。また、子どもたちが活動を通して課題に思ったこと、乗り越えたいこと、解決したい疑問などを、オンラインを通して実際の店舗スタッフに聞くこともできます。

 

◇プロジェクトそのものが生きた「キャリア教育」です
学校ブックオフでは、リアルな店舗運営を体験することができます。
「売上を上げるには?」「チームワークを大事にするには?」「集客活動とは?」などを考えるうちに、大人顔負けのアイデアを出してくれることもあります。

 

◇教材データ、ツール類一式を全て提供します
GIGAスクール構想時代にぴったりの教材データ、指導案、ワークシート、学校ブックオフの時に使用する仮想通貨「ブッカ」、店舗のぼり制作用のロゴデータ、オリジナルTシャツなど、教材データ、ツール一式を提供しています。また、本が足りない場合は、ブックオフより寄贈することも可能です。

 

 


 

 

 


 

 


 

お問い合わせ